【 例会を毎月開催中 / どなたでもご参加頂けます 】古民家・空き家相談もお気軽に。新規会員様も募集中。

阿久根の古民家


民家再生の内容

築80年の家屋の天井張替え工事を依頼されました。天井の解体をしたところ、長い年月をかけて黒く色づいた小屋組が出てきました。小屋組の美しさ、古材の味わいに惹かれて「梁を活かし魅せる方法」を提案したところ、施主様より納得していただき「古民家の良さを活かしながら、現在の暮らしに合うように」再築いたしました。

大切にしたこと

先人の知恵と技術が詰まった小屋組みの美しさ。現代では再現できない黒く色づいた立派な梁。落ち着きと味わい深さを失わないように、施主様と綿密な打ち合わせを重ねて、昔ながらの日本家屋に合った素材、照明、建具を使用することを重視いたしました。

詳細情報

担当会員 : 寺地 兼二 / サン・ホーム
所在地 : 阿久根市
延床面積 : 105㎡

80年の小屋組

80年という長い年月をかけて黒く色づいた立派な小屋組。その美しさは、自然素材の温もりを感じさせます。天井から長い時間を掛けて家族を見守ってきた梁は、優しさと迫力を感じさせます。これからも、家族を包み込んでくれることと思います。

開放感のあるリビング

小屋組を出したことで天井が高くなり、空間のあるリビングにしました。また、吊るし照明にすることで一層開放感を味わえます。照明も暖色を使用することで「温もりのある家族団らんの場」になるよう工夫をいたしました。

和室 (昔と今の融合)

既存の天井を撤去。以前より天井を上げ、水平桁を見せて照明を天井裏に収納することで「すっきりとした部屋の空間」ができました。昔ながらの黒光りする梁と水平桁、現代ならではの天井の照明ボックスが融合。調和のとれた明るい和室となりました。

Share The Love
Top